忍者ブログ

≪ 前の記事

次の記事 ≫

Warframe Detect Vulnerability


シマリスさんのポイントが溢れる!ということで貰ってみたMOD。
いつもはExilusの設計図貰うんだけど、ああ、そういうMODあったよね、て、事で貰ってみた。
RankDamage
Multiplier
CostConclave
0 +150% 6 C5
1 +175% 7 C5
2 +200% 8 C9
3 +225% 9 C13
4 +250% 10 C16
5 +275% 11 C20

という仕様、これは完全にHelios専用MODで、他では使用出来ません。
あと、弱点表示は常に、て、訳でも無い(一番左上にセットしても、でも頻度は結構高い)
あとは、弱点表示されるのはCodexのスキャンが終了してる敵だけ、という事。
で、実際にどんな感じに表示されるのか?てのがこれ

足の部分が黄色くなってるのが、弱点部分。(センチネルのライトカラー依存)

このMODを導入して気がついたのは、同じ敵でも個体によって弱点の位置が全然違うと言うこと。
例えば画像の奴も、足だったり手(?)の先だったり、つま先だったり、と、全然違う感じ。
最初の画像だと肩付近が弱点になってますが、そんな感じで全然違う。
知らなかったy!
ほぼ全部の敵の弱点=頭、だと思ってました。(ヘッドショットでダメ上がる位だしねぇ)
弱点が変動するのは、、感染体だけなのかな、今度グリニアとコーパスでもやってみるかな、、

とはいえ、殆どの敵は数発で始末できるだけに、微妙なMODで有ることは確かだけd
ボスとか高レベル相手なら、、いいかもしれn!(Heliosが真面目に働くかどうかはまた別問題)
因みに、このMODを導入してもHelios自身が弱点を狙うことは有りません。

しかし、、Heliosいいんだけどねぇ、HP低いんだよねぇ、、そこだけが微妙なセンチネルだ。
PR

0 comments

Comment