忍者ブログ

≪ 前の記事

次の記事 ≫

Warframe 日本語


Warframe、カナダのゲームですが、ちゃんと日本語クライアントも提供されています
たま〜に訳がおかしい時もあるけど、それはそれ、と、思っている

基本メインとなるスターチャート、ここで次の攻略先の惑星を選択する事になる
各惑星にはそれぞれ結構な数のミッションがあり、それを攻略していくことになる

惑星によってはボスが存在し、それを倒す等が次の惑星へのゲートを開く条件になっていたりする


これはVoidミッション選択画面


アラートミッション画面、なにが来るかはランダム(一定周期物もある?)
発生頻度的にはかなり多く、なにかしらのアラートミッションが出ている


Wraframeのアビリティ画面、ここでMOD入り、無しの時の効果を見たり出来る
ちゃんと日本語です。

日本語と英語クライアントの違いはそんなには無いが、あえてあるとすれば

これが英語クライアント時のニュース

で、これが日本語クライアント時のニュース
表示自体が違う、日本語クライアントにはHotFix情報や、Devstream情報は無い

あとは、日本語クライアントで起動することでチャットは日本語可能になります
使うのは、、なんだ?トレードチャット、クランチャット位?
ミッション中は殆ど会話無いような、ボイスチャットが標準装備されているので
それを使う人が多いような気がする。

あとは、違うのは街的な場所、リレーやバザー。
日本語クライアントだとほぼ誰も居ません、英語クライアントだと逆でほぼ常に人が居る。
チャットチャンネル自体も日本語だと誰も会話してませんし、トレード自体もかなり少ない
英語だと誰かしら会話してるし、トレードもかなり多い。
ミッション等に関してはゲーム中にオプションで接続地域を変更できるので、好みの場所へいつでも変更可能です(ミッション中以外)、時間帯によってはアジア圏、北米、EU等と、変えるのも有り。
ただ、Ping値制限があるので、ミッション中のホスト次第では相当重いか、弾かれる事もある。

てな感じで、日本語でもゲームは出来る!よ?
まぁ、リリースから既に3年?4年?なので、日本人クランは少ないのかねぇ。
リージョンチャット自体には名前が結構あるので、居ることは居るんだろうけどね
チャットで日本語を見ないだけに、良くワカラン。
そもそも、自分は英語クライアントで起動してるので、更に分かりませんw
だって、、、英語クライアントの方が活気あるs、トレード多いs、リレーの会話も楽しいし。


PR

0 comments

Comment