忍者ブログ

≪ 前の記事

次の記事 ≫

Warframe Void Trader 20161008とAmmo Mutationの話


ということで、再び奴降臨
2週間に1回来るので、降臨、というほどのものでもないけど
毎回律儀に来たよ~メールくるので、そこはいい奴(ゴミ持参の時が多いけど)

今回はこんな感じ、またしても、、これだ!という商品は無かった
今回はDev Streamでも言ってた通り、前回の商品+新規商品、という扱いなので
今回持参分はPrimed Ammo Mutationとかあと武器スキン、アーマー程度。

Vacuum WithinでAmmo Mutationがゴミになった、という意見があるけど
Ammo Case自体の弾薬変換能力は
Ammo TypeEfficiency
(Pistol)
Efficiency
(Rifle)
Efficiency
(Shotgun)
Efficiency
(Sniper)
Pistol N/A 25% 100% 100%
Rifle 25% N/A 100% 100%
Shotgun 25% 25% N/A 100%
Sniper 25% 25% 100% N/A
と、いう事らしい(Wikiから)
が、しかし、Ammo Caseの別な能力、弾薬所持量アップ
ランクMaxで25%アップ、という能力。これは結構便利、だと思う。

で因みに、Rifle Ammo Mutation Modの場合(Wikiから)
RankEfficiency
(Pistol)
Efficiency
(Shotgun/Sniper)
CostConclave
0 6.25% 25% 4 C3
1 12.5% 50% 5 C3
2 18.75% 75% 6 C4
3 25% 100% 7 C4
4 31.25% 125% 8 C4
5 37.5% 150% 9 C5
というスペック。

これがPrimedになると
RankEfficiency
(Pistol)
Efficiency
(Shotgun/Sniper)
CostConclave
0 6.25% 25% 4 C3
1 12.5% 50% 5 C3
2 18.75% 75% 6 C3
3 25% 100% 7 C4
4 31.25% 125% 8 C4
5 37.5% 150% 9 C5
6 43.75% 175% 10 C5
7 50% 200% 11 C5
8 56.25% 225% 12 C5
9 62.5% 250% 13 C5
10 68.75% 275% 14 C5
と、いう驚異の変換率!(Wikiから)
だから何だ?という話もあるg、そもそも弾薬不足に陥ること自体が滅多にないけど
サバイバルでキャンプ狩りしてる時や防衛戦にはすごい便利で優秀、だと俺は思う。

サバイバルと言えば、だけど、一つ言えるのは、ほとんどの人が移動しまくってること。
4人ばらばらで移動する→敵がばらける→殲滅率落ちる→生命維持装置が出にくくなる
という状態に陥る事が多々。あとは個別で処理してるので、敵のレベルが上がった場合
ほとんどが処理し切れずに殺されて、で、逃げるように脱出、という状況を多々見ている。
で、その時間が下手すると10分行かないという酷い状態、運が良くて15分程度。

キャンプして狩れば効率良く敵が集まって集中的に素材、生命維持装置も集まるので
ソロでも30分以上可能なんだけど、殆どの人がキャンプしないという謎。
たま~に当たりCoopだとキャンプを知ってる人が居るので60分とか可能だった事があったけど
滅多にそういう人達にあたった事は無い。
なんでなんですかね? と、いうことで素材等を稼ぎたい時は基本サバイバルはソロで。
Coopで行くのはアラートだったり、Voidクエ等の時だけ、かなぁ。

まぁ、気分的に弾薬変換は弾数気にしないで戦闘できるので個人的にはかなり重要な要素、という結論。考え方は使う人次第なので他の人は知らないけどね!
俺は全部の武器に基本Ammo Mutationを付けてます。
PR

0 comments

Comment