忍者ブログ

≪ 前の記事

次の記事 ≫

Warframe Dread Build

今回はプライマリの弓、みんな大好きDreadのビルド
最近遊びに来るStalkerは落としてくれなくなったけど(まじで最近見てない、仕様変わった?)
ちょい前までほぼ確定なのか!という位落としてくれたDreadの設計図
一時期、設計図15枚とか持ってたな。
Coopで奴が出現しても、どうせまたDreadでしょ?とまで言われていた弓です。

そんな言われ方するDreadさんだけど、実際は現在実装済みの弓の中では最強クラス
Prime版の弓が2本存在してるけど
それでも、未だに最強クラス、という弓がこのDread。



基礎ダメージだけ見ると
最新のCernos Primeが360、Dreadが200なのでぶっちぎりで負けてるんだけど
Cernos Prime、実は矢1本に対してのダメは低いという罠。
デフォで3本の矢を同時発射なので、1本辺り120という基礎ダメ。
しかも3本、なにげに分散してるので全部当てるのは結構難しいし、ダメのムラが激しい。
あとは、Cernos Prime、基本属性が衝撃。HP低い敵には気にしないけど、高レベルだと衝撃て、、ねぇ?て、感じの弓。

もう1本のPrime、Paris Prime、こっちは至って普通の弓、
基礎ダメが200(フルチャージ時)なので
Dreadと同等、こっちは属性が貫通。
グリニア系のアーマー持ちへの攻撃の場合は多分Dreadよりもダメが出せる、、かな?
ただ、Dreadで発生する切断DOTを考えると、Dreadの方が若干上?という感じの弓。

現在、多分2強と言われるのが、このParis PrimeとDread。
あとは使い勝手という点でRakta Crenosも入ってくる。

Rakta CernosはCernosのシンジケート版。
基礎ダメ250で、チャージが弓の中では最速という弓。
属性が衝撃ではあるけど、桁違いに早いチャージとシンジケートの特殊効果もあるので愛用する人が多い。
あと何気にクリ率も高いのでかなり使いやすい弓
Prime版では無いので、シンジケートのポイントさえあれば誰でも交換できる、という点も楽。
トレード板でも交換希望の人が居るので結構安く手に入れる事も出来る。

と、まぁ、弓に関しては実際こんな感じの選択肢がある
他にもあるけど、実用レベルで考えるとこの3本か趣味でCernos Prime入れて4本、てとこ。


現状所持してるMODで組むとこんな感じ

Arrow Mutationの部分はミッション次第では別なのに、てのも可能。
ただ、変換あった方が安心できるんだよねぇ、、ほぼ弾切れてのが発生しないし。
センチネルにCarrierを選ぶてのも手ではあるが(弾薬変換MOD搭載可能センチネル)
最近何故かHelios大好きなので、、ねぇ。

このビルドでシミュラクラムでテストした結果。


テストはIVARAで、このレベルソロで相手したくないし、安全にダメ測定できるのでw
スニークアタック等は発生しない状態でテスト。
まぁ、出来は上々?、かなり安定して赤クリを連発できる状態に。
レベル125のEXIMUS相手にこんだけでりゃ十分でしょう。
(どうせ普段ここまでの高レベル相手にしないしw)
アーマー持ちのグリにも試したけど、十分ダメージ出せる状態だったので
取りあえずこれで完成!

Paris PrimeとRakta Cernosのビルドはまた今度。
PR

0 comments

Comment