忍者ブログ

≪ 前の記事

次の記事 ≫

ESO Champion system


実に面白い、てな訳で、今チャンピオンが148に!
チャンピオン自体は、、今いくつなんだ、そこら辺の人見てると500超えとかいるし、、
取りあえず現状の装備自体の上限であるチャンピオン160を目指す!
そうすれば装備が選びたい放題!というか、セット装備もそこから集めるのが本番、らしい?
基本かなりの低レベルからセット装備は存在するけど、装備の上限160なので、そこからは本気で使いたい奴を探す、て、事なんかな。
セット装備、なにげにサブステ、というか追加効果が多様なので、これもかなり楽しみ
14のゴミのような装備と違って選ぶ価値があるてのは、、いいねぇ、しかも多種多様だし。
チャンピオンシステム、11的にいうとメリポのようなもん、だと、認識してます
良く調べてないし、良く考えてないけど、楽しいから問題なし
レベル自体は50がキャプだけど、そこからはこのシステムで多岐に渡るビルドが始まる感じ?
振り分けたポイント自体のリセットも可能なので、現状あんまし良く考えてませんが!

しかし、このゲームまじで面白い。
フィールドは桁違いに広いし、意味があるし、道中にいる雑魚も存在意義がある。
移動してて楽しいし、探索してて楽しいし、なにやってても面白い。
フィールド上にあるちょい強いワールドボスもそこら辺に居る外人連中とその場で組んで始末したり
シャウトのようなもので募集してて、いくz!て、伝えて向かうとか、ああ、これぞMMOだなぁと。しかし、ここまで遊んでてもタムリエルの数パー位しか踏破できてないという状態、、広すぎ。

ダンジョン自体も面白い、どこかの14とか言うゲームと違って、こっちは中身に意味がある箱があったり、既に居る他人と共闘したり、と、本当にやってて面白い。しかも時間制限ない?ので
途中のボスで攻略法とか分からなくてもそこで相談したりする事もあったし、まだ50になる前位にいったダンジョンでは、全員初だったらしく、途中でググるから待って!とかそういうのもあったな、しかし外人は良くしゃべる、面白い。こういう時に英語使えて良かったなぁ、と、まじまじと思う、仕事じゃ殆ど使わないのに、なにか役立つ方向が間違ってる気もするけどw

野良グループダンジョンも英語圏の人達と普通に会話しながら進んだり、無茶したり、でもなんとかクリアできてしまう良いバランス(今のところw)。
戦闘中、誰か死んでもリカバリーできるのは素晴らしい。
今のところほぼ9割英語圏な人達だけど、たま〜に読めない言語で会話してる人達と遭遇する、あれ何語だったんだろ、、単語的にヒーラーがどうこう、という感じだったが、読めないので、よめねぇよ!、なんか指示があるなら英語でお願い!と、言っても反応なかったしなぁ

Warframeでもタイの人結構多いし、、、でも彼らこっちが英語で聞けば、英語で受け答えしてくれるしなぁ、、あの謎の言語はマジで謎だった。


つか、、旧14も本当はこうなる筈だったんじゃないのかなぁ、、本当に勿体ない、、
PR

0 comments

Comment