忍者ブログ

≪ 前の記事

次の記事 ≫

黒い砂漠


ESOが月曜メンテで全く入れないし、
Mass Effect Andromedaは2週目で達成率100%になって、今既に3週目なので、
武器系やキャラメイク修正のバグ修正パッチ等配布されるまでは少し放置することに。


で、なんかねぇかなぁ、て、事でやってみたのがこれ。


このゲーム、凄いは、正直舐めてました!

てのがやってみた時の感想


グラは多分現状提供されているMMOの中では最高クラスな気がする

フィールド自体の作り込みも凄いし、フィールドの存在に意味があるので移動してても面白い。


マップ自体も相当な広さになってるぽいけど、現状移動は自分で歩く(走る)か、馬やロバ、馬車のみ?FT等は無いぽい

ただ、便利なのはクエストリストから選択することでクエスト対象NPCまで自動で歩いて(走って)移動してくれる機能や、
自分で任意に指定した地点まで自動で移動してくれる機能があるという点、これ便利w


マップはこんな感じ、ちょっとした3Dマップで、ぐりぐり動かせる

たまに入り組んだ地形の場合はひっかかる事もあるけど、郊外の場合はそれも無く、街道を使ってくれるので、
移動完了まで別な事ができるので楽でいい。
ただ、移動手段が基本歩きか馬等しか無いので、移動は他のゲームに比べて遥かに時間がかかるが、グラが良いし、徒歩や馬で移動することで上がるステータスもあるので、これはこれで有り?な気がする。
世界観を楽しむという点や、拠点から拠点、村から村への物資輸送による貿易等もあるので、世界観的には面白いし、この移動が面倒だ、という感覚は今のところ無い。

戦闘自体はノンターゲット方式の今時の奴。 
初期から結構派手なエフェクトとモーションで戦闘するので、結構楽しい。
スキルポイント自体は戦闘等で獲得、それを使ってスキル自体のランクアップをしていく形。


ただチョンゲーの常として、経済は常に超インフレ、ここまでゲーム作り込んでるのに、何故に毎回超インフレなのか、勿体ねぇなぁ。
おかげで飛び交う数字は殆どが億単位。あとは気になるのは、リアルマネーで買ったアイテムが一部そのまま競売に出せる仕様、これどうなんだろうねぇ?

あとは、武器、防具強化等はいつものチョンゲー仕様、これもインフレする要因の一つだよねぇ。
ただ謎なのは競売自体への出品での金額は任意では決められず、基本最安値~最高値、の間での金額の出品となる形。
現状見てみると、安いものは数万でやり取りされているけど、ランクアップされた物に関しては数千万~数億という金額になっている。
ただ、その金額を稼ぐのが大変か?と言われると、そうでも無い点が少し面白い。
雑魚敵からの戦利品自体が数万~数十万で売れるので金策自体は結構楽な気はする。
そして競売での最低価格自体が結構安定してるので、よほどの事が無い限り数十万の装備が数千程度にはならないという点で経済は安定してると見える、、、のかな?
単純にやり取りされている通常装備等は簡単に稼ぎだせるので、ゲーム自体の進行で躓くことも無い。


しかし、何故このゲームが人気ねぇの?てのは理解できた気がする
基本、メインクエストという扱いが少し分かりづらいし、他のクエストをクリアしていくことで移動先が分かるが、その程度
これだ!という感じの導線ぽいものが無い、スタート時に少しチュートリアルが有る程度で

その後はどうぞご自由に、な感じになる。おかげで勢いでサブクエをクリアしていたらメインクエスト触らずに次の街やさらにその次の街まで進んでいた自分が居る。
それでもサブクエ自体は発生していたので何も違和感なく進めていたので気が付かなかったw

あとはサブクエスト1個1個の作りが少し雑、ストーリー的というより、ただの稼ぎ目的クエという色が強い。

和ゲーで慣れてる人には多分無理かなぁと、思った理由は
AからBへ、で、次はCへ行ってねー、という極めて明確な線路が牽かれている和ゲーになれきってるとSkyrim系のゲームをやった時に何をしたらいいのか分からない、という事になるらしいけど、多分まさにそれ。
Skyrim、スタート直後のチュートリアルの後はマジで放置される仕様だけに、好き嫌いが分かれるらしい。
つか、あの自由が面白いんじゃねぇかよ、と、思うが、ゆとりな人にはそう思えないらしい、可愛そうに。


とはいえ、かなり面白いゲームだし、しかもFtPだし、俺的には当分遊べそうだ。
PR

0 comments

Comment